2017年10月、karaoke制作やMIDI検定に向けての環境を整えようとDAW選びを始めました。色々と見た結果 Logic Pro X に決めました。

一番の決め手は¥23,800という値段の安さ。15年前から遠ざかっていたDAWの世界、かつてのDAWといえば目が飛び出るくらい高価なものばかりで貧乏なアマチュアが手に出来るものは少なかっただろうと思います。Logic Pro X の値段を見て、こんな俺でもやっと導入できる時代が来たか、今ならいけるぞ、という思いになりました。しかもこの破格の安さに加え十分過ぎるほどのプロ仕様、惚れました。

iPhoneをはじめ、浄書でもMacを使っているのでもちろんApple IDも取得済み、となるとApp Storeですぐにでもダウンロードできるというこの手軽さも手伝って一気に Logic Pro X に加速して行きました。使い方はさて置き、まずは予算内に収まるものが見つかってホッ。

「GM2準拠の音源とDAW(分からない事だらけの環境整備 for MIDI検定)」も合わせてお読みください。

続いてオーディオ I / O 選びに入りました。