平成30年度 MIDI検定2級2次試験に挑戦(リベンジ)Day2 実技試験編

課題曲は練習曲4に似ていた。
琴や尺八、太鼓などがあって和を基調とするサウンドだ。

まずはいつものようにFinaleで楽譜を打ち込む。
それをCubaseで読み込んでセットアップデータの編集とドラムセットが正しく組み込まれているかチェック。そこからLogicに移行し各パートのベロシティーを編集し終えたところで一日目を終了することにした。

時間はたっぷりある。筆記試験に出向いた疲れを癒して明日に備えよう。
2日目に音の確認、デュレーションの調整、ピッチベンド、各コントローラーの編集など全て仕上げるぞ、と就寝。

***

2019年2月17日(日曜日)
一夜明けて予定通りに作業を進める。

前回やらなかった音の確認やデュレーションの再チェックを特に真剣に行いつつ、ピッチベンド他、各コントローラーを規定通りに用いて指示通りのニュアンスを付けて行った。

途中でレストランに行ってご飯を食べたりコーヒーを飲んだりして気持ちをリラックスさせながら、最後の最後まで確認作業が出来る心の余裕を作った。と言うのも「月曜日の消印まで有効」というルールなのでまったく焦る必要がない。

有り余る時間をフルに活用しようと2日目も追い込んだ作業はしなかった。
就寝前に最終日にやるべき事を列挙。

セットアップデータ、音、デュレーション、ベロシティーの他、ピッチベンド、モジュレーション、エクスプレッションに関しては中間値の数値は滑らかであるか(逆転がないか)、また開始位置、終了位置は正しいか、更に数値は指定取り適切かなど、全てチェックして完成とする。

***

最終日提出編